前へ
次へ

優秀な相談を実施する探偵

探偵に調査を依頼し調査結果が手元に届くまでに絶対に忘れてはならない「調査のかなめが存在」します。

もし、探偵の認識が甘く「依頼人が何故、調査依頼し何を欲して調査を実施するのか?」が十分に伝わっていない場合には「相談時点での説明不足」や探偵の認識不足があったと言えるでしょう。

依頼人が欲している調査内容では無いと判断できる調査結果が最終的に手元に残る調査を実施しても「この内容ではお金を費やした意味が無い」との判断が下され探偵の評価は最低となってしまうのです。

このような状況が起こってしまう原因は「相談時のお互いの認識不足」があげられることでしょう。具体的にどのような「調査結果を想定」して調査依頼するのか?しっかりと探偵が認識しているか?確認が必要と言えるのです。調査に着手して途中経過の報告等の連絡を受ける時点でも「調査のかなめを再確認」することは調査に関して欠かせない重要ポイントと言えるのです。

優秀な相談を実施する探偵

探偵との調査に関する問い合わせや相談は理解しやすい言葉を用い説明できる探偵ほど「優秀な探偵」である可能性が高い。初めて探偵や興信所に相談する際に「専門用語ばかり並べて説明されても理解不可能」と思われる相談者が多く、探偵が「相談者の理解しやすい言葉をチョイス」し説明することが「相談者の認識を高める」ことになり有意義な相談を実現する第一歩となるのです。相談者に適した言葉の引き出しを持たない探偵の相談は自己中心的であり、お互いの理解や信頼が必要となる「探偵と依頼人」の関係性に準じたものではないと判断できるのです。

仮に相談した探偵の調査で発生する料金形態が成功報酬であった場合に「相談者が成功報酬を理解しているか?」

重要なポイントとなるため「成功報酬についてご説明します」との一言と共に理解しやすいやさしい言葉でご説明する探偵の相談は極めて優秀で誠実な対応と言えるのです。

常識が欠如した探偵は危険

探偵として許しがたい相談を実施する人物が存在します。そのような自称探偵が行う相談がどのような相談であるか?

ここでは理解し自称探偵に依頼しないための第一歩として皆さんに認識して欲しいと考えます。

怪しい相談を実施する探偵は「常識が欠如している人物」であり相談時に適切なビジネス会話が成立しない場合が多い。

こちらが質問した問に対して適切な答えが返答されないことが多く「意図的に要点をはぐらかす会話」が多くなる傾向が強くあらわれるのです。 自身の発言が要領を得ないことから話題の要点をすり替える「まるでペテン師」のような会話になり、的を得た会話が成立しないのです。

探偵に相談を必要とする問題や悩みを抱えた精神的に不安定なご相談者がこのような探偵と相談してしまうと「違和感を感じないまま探偵に依存してしまう」ので非常に危険と言えるのです。 精神的に弱っていないご相談者ならば「おや?この探偵は常識外れな言葉が多い」とすぐ様気付き「相談するだけ時間の無駄」と判断できるのです。

探偵に高額な調査を依頼するための相談であるにも関わらず「相談の要点を理解しない、言葉使いが出来ていない」では問題外で常識外れな探偵と判断できるのです。 このような質の低い業務を実施する探偵には十分な注意が必要と言えるのです。

そして、そのような探偵に限って現在の探偵に適用される法規の理解が薄い傾向が強いと言えるのです。 探偵業法違反で行政処分、業務停止処分などが下される例も増えてきています。

Page Top